ファクタリングの仕訳について 売掛金との関係とは?

ファクタリングは、債権にあたる売掛金を金融機関に譲渡して、譲渡金を入手することです。ファクタリングにより、債権は金融機関に移りますので、売上の相手先の企業が倒産して売掛金を払えなかった場合に、自社に弁済を求められることはありませんので、安心して取引できます。ただ、ファクタリングをする際に、相手先の企業の審査をすることがあり、売掛金の譲渡を断られることもありますので、注意してください。
通常、売上が発生した際の仕訳は、資産の科目ですので、売掛金の科目は借方に入っています。売掛金が自社に入る期日前にファクタリングの取引が成立した時には、債権を譲渡することから、売掛金を貸方に振り替えをします。借方には、商品や自社のサービス以外でお金をもらえる権利に当たる勘定科目の未収金を計上して科目の振替の仕訳をします。
金融機関から、譲渡した売掛金のお金が入金された場合の取引は、貸方に未収金と譲渡額を振り替えます。借方には、現金取引の場合は、現金が入り、メインバンクとして利用している銀行に譲渡した場合は、預金口座に入金されているので、普通預金や当座預金の勘定科目を使います。実際に入手した額を記載しましょう。事業資金としてファクタリングの取引をする場合、通常は譲渡額から手数料や期日までの割引料が差し引かれていることがほとんどでしょう。差し引かれた金額については、支払手数料や支払割引料などの勘定科目を使って、仕訳をするといいでしょう。
ただし、企業内で未収金の科目を使わなかったり、支払手数料などの科目を使わずに雑費で処理していたりする場合があります。税理士が問題ないと判断したり、税務調査等で指導を受けたりすることがない場合は、統一性を出すために、企業内の会計ルールに従って処理するようにしましょう。